上顎洞炎について 鈴木デンタルクリニック

診療時間

お問い合わせ・ご予約はこちら052-586-0725「ホームページを見て」とお伝えください

上顎洞炎について

こんにちは。
鈴木デンタルクリニックです。

みなさんは上顎洞炎ってご存知ですか?
上顎洞とは副鼻腔の内の一つで鼻の横辺りの上顎骨にピンポン玉位の空洞があり、
通常は鼻と繋がっていて、溜まった鼻汁の排出や空気の加湿などの役割があります。
この空洞に膿みが溜まる事を、上顎洞炎と言います。
蓄膿症って聞かれた事があると思いますが、同じ意味です。
上顎洞炎も多くは鼻炎や花粉症などの鼻が原因で起こるのですが、
歯や歯ぐきが原因で起こる事もあります。
それは上顎の歯と上顎洞が近いため、歯周病が進行したり、
歯の根っこの炎症が拡がると起きてしまいます。
上顎洞炎は発症すると、慢性化しやすいとも言われます。
また上顎の奥歯にインプラント治療をする場合も上顎洞との距離や方向性を
考えなければいけません。
もし鼻の横辺りのほっぺたやその奥が痛かったり、腫れた感じ、熱っぽいという方は、
一度歯医者さんや耳鼻科さんの受診をお勧めします。

——————————————————————————————————
虫歯などの一般歯科治療以外にも親知らず、顎関節症などの口腔外科、
インプラント、審美歯科、歯周病治療など名駅・名古屋駅の歯医者・歯科医院の
鈴木デンタルクリニックでは幅広く診療しておりますのでお気軽にご相談ください。
——————————————————————————————————

コメントを残す