親知らずの抜歯や顎関節症は口腔外科専門医へ 鈴木デンタルクリニック

診療時間

お問い合わせ・ご予約はこちら052-586-0725「ホームページを見て」とお伝えください

親知らずの抜歯や顎関節症は口腔外科専門医へ

● こんな症状でお悩みではありませんか?
  • 親知らずが変な生え方をしている・ むし歯になった、奥歯が時々痛む(親知らず)
  • 顎(あご)が痛い、口を開けにくい(並べた指3本が入らない)、顎がカクカク音がする(顎関節症)
  • 歯の表面がV字に欠けて、歯がしみる(アブフラクション)
  • ケガや事故で歯が折れた、顎を骨折した(外傷)
  • 歯ぐきや口の中、顎骨にできものや膿みの溜まった袋ができた(腫瘍:しゅよう、嚢胞:のうほう)
 

口腔外科とは?

口腔外科とは、歯や口の中だけではなく、顎や顔、そしてそれらと関わる全身の病気を取り扱う診療科目です。具体的には、親知らずを始めとした難しい抜歯や口腔腫瘍、顔面外傷、インプラントなどの「高度な手術」を伴うものから、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群、口臭などの「全身的な病気」などを診療しています。

そのため、口腔外科を専門としている歯科医師は、他の一般歯科医よりも全身に関わる知識を豊富に持ち合わせ、より医師に近い立場でアドバイスをすることができるといえます。

当院の特長

DSC_6101歯科医師の2%しか認定されていない「口腔外科専門医」だからこそ出来る、痛みやシビレを最小限に抑えた適切な治療。

口腔外科専門医は、歯科関係の学会としては最も伝統のある(社)日本口腔外科学会が、厳正な審査・試験に基づき、技術的に優れていると認定した医師・歯科医師にのみ与えられる資格です。

全国に10万人以上いる歯科医師の中でも口腔外科専門医はわずか2%、この名駅地区の開業医としては当院が唯一の歯科医院です。

実際、当院の院長も過去に全身麻酔の症例400例以上、静脈鎮静1,000例以上、抜歯も10,000例以上経験しています。そのため、例えば難しいとされる下の親知らずの抜歯のうち、一般的には500~700本に1本の割合でシビレが出ると言われていますが、院長の経験的感覚では1,000本に1本程度で済んでいます。

他の歯科医院で断られたり、抜歯できなかったりした場合でも、一度当院までご相談下さい。

患者様の声

親知らずを抜いてもらったのですが、全然痛くなくてビックリしました。 (20代・女性)
親知らずが痛み出したので、名駅か栄周辺で良い先生を知らないか知人に聞いたところ、口腔外科専門医の鈴木先生のことを紹介してもらいました。ブログを見ていたらお人柄も伝わってきたので、迷わず予約を入れました。「親知らずの抜歯はとても痛い」「何日も強い痛みが続くよ」と周りからは聞いていたので内心とても怖かったのですが、終わってみたら全然痛くなくてビックリしました。本当に先生に治療してもらえてラッキーでした。


いつもの歯医者さんでマウスピースを作ってもらったのですが、治らなかったのでこちらに来ました。 (40代・男性)
あごが外れたようになってしまい痛かったので、いつもの歯医者さんへ行ったところ、「顎関節症ですのでマウスピースでかみ合わせを治しましょう」と言われて何ヶ月か治療に通ったのですが、結局再発を繰り返すため、他に良い歯医者さんは無いか探していました。ネットで調べたら顎関節症は口腔外科の先生が専門だと書かれてあったので、こちらを訪ねました。そしたら、なぜ症状が良くならないのか、その原因を分かりやすく教えて下さり、治療をしてもらったところ、2ヶ月ぐらいで本当に治ってしまいました。ありがとうございました。